面接は基本的には座って行う場合が多いです。

面接では具体的に話をする

面接の際の座り方について

面接では具体的に話をする 面接は基本的には座って行う場合が多いです。会社の一室で行う事もありますし、別の場所で行う事もありますが、どんな場合でも座り方に気を付けなくてはなりません。男性の方は手を握って膝の上に置く事が基本になる事を忘れないようにしましょう。手を体の横にしてしまうと座ったときに非常にだらしなく見えてしまう場合が多いです。そのため態度が悪いと思われてしまいマイナス印象を与えてしまう事になります。たった1つの動作になりますが、非常に大きな事になるので、意識をして面接に向かうようにしましょう。

また座る際にもう1つ注意をしなくてはならない事があります。それは背もたれに寄りかからないと言う事になります。背もたれがある椅子を用意されている事がほとんどになりますが、面接中は絶対に寄りかかってはならないと言う事を意識するようにしましょう。寄りかかってしまうと態度が大きく見えてしまい、良い印象を与える事ができなくなってしまいます。最初から最後まで寄りかかる事をしなければ態度の面でマイナスに考えられてしまう事は無くなるので、他の方と差をつけられてしまう事がなくなります。椅子によりかからないのは当然になるので、印象が良くなる事はありません。

サイトリンク

Copyright (C)2019面接では具体的に話をする.All rights reserved.